ビストロ体験教室2019開催お知らせ

  • 2019.05.13 Monday
  • 18:31

昨年に引き続き、今年もパナソニックの「ビストロ体験教室」を開催することになりました。

 

パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」の最新機種を使った料理教室です。

ビストロは「焼く、煮る、蒸す、揚げる」の日常使いの時短料理が得意!

 

新製品NE-BS1600は、業界初の「とろみ検知」機能を搭載した進化系のスチームオーブンレンジです。

かき混ぜ無しのワンボウル調理で、おうちで簡単に中華やフレンチが作れます!

 

「そろそろオーブンを買い替えたいけど、買う前に試してみたい。」

「忙しくて時間が無いけど、手作りのおいしい料理が作りたい。」と思っている方おすすめです。

簡単なのに、おいしくて本格的なお料理を、家庭料理を得意とするクックで体験してみませんか?

どなたでも参加できます。ただ今、単発のビストロ体験レッスンの生徒様募集中です。

 

開催日時(予定)

7月6日(土)10:30〜13:00

10月4日(金)10:30〜13:00

(2回の内容はほぼ同じです。ご都合の良い日をお選びください。)

 

場所 キッチンスタジオ クック

(ホームページのアクセス欄をご覧ください。電話番号でナビ出ます。)

受講料 4000円(当日お支払ください) 

募集 8名程度、先着順

(内容はメイン2種、デザート1種含め6種類程度です。)

お申込み ホームページからメールでお申込みください。

 

クックインスタ いいね!ランキング2018 ベスト10

  • 2019.01.07 Monday
  • 22:50

インスタグラムを2017年1月に始めてちょうど2年になりました。

生徒さんが「先生、作りましたっ」と料理の写真をメールに添付して送ってくれていたのですが、せっかくだからもっと多くの方に見て頂けたら、作り甲斐があるかもと思ったことが、インスタを始めるきっかけでした。

 

当初は毎回投稿できるほどにメールが来るのかと心配でしたが、杞憂でしたね。

 

以下がベストテンですが、私の予想通りではありませんでした。料理の出来だけではなく、写真の出来だけでもなく、#ハッシュタグのつけ方、数、投稿の前後の環境、投稿日、投稿時間などよくわからないことだらけですが、ランクインしたものはいずれも何かメッセージを発しているように思えました。

 

「作りましたっ」メールを送って下さったすべての皆様ありがとうございました。いいね!ボタンを押してくださったすべての皆様ありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

 

1位 鬼まんじゅう 9月25日 s.ykさん

鬼まんじゅうは愛知県限定の昔からある家庭で作られる素朴なおやつです。

 

2位 イチジクのケーキ 9月18日 kitchen.studio.cook

研究科で作ったスイーツです。安城市特産のイチジクをたっぷりのせました。

 

3位 塩ハーブクッキー  3月17日 k.akさん

ホワイトデーに習ったばかりの塩味のハーブクッキーを焼いて、大好評だったそうです。

 

4位 すだれ貝 6月15日 kitchen.studio.cook 

三河湾で取れる足が赤い美しい貝です。味はアサリの方が美味しい、、かな、でも珍しい!

 

5位 三杯鶏 3月11日 h.ayさん

台北在住の元生徒さんが台湾料理の教室で習った料理を作って送ってくれました。決め手は台湾の調味料!

 

6位 どて煮 6月21日 i.shさん 

豚もつのみそ煮です。男性が好む居酒屋メニューですが、若い女性がこういう料理を作ってくれると本当にうれしい。

 

7位 1月21日 ローストビーフ g.hrさん

おもてなしの時にもう何度も焼いていて、ローストビーフは得意料理だそうです。クックも得意料理です。

 

8位 麻婆豆腐 3月21日 s.ykさん

旦那さんが一人で4人前食べたという、クック自慢のおいしい麻婆豆腐です。

 

9位 ピーマン肉詰め 11月27日 t.rnさん

入会したばかりに習ったばかりの料理を、おばあちゃんのお誕生日に作ってあげて好評だったそうです。

 

10位 パンキッシュ 8月28日 a.tmさん

4枚切り食パンにキッシュの具を入れて、オーブントースターで焼いてお昼ご飯に食べたそうです。

 

以上が2018年クックインスタ、いいね!ランキングベスト10でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスフリーな食事作り

  • 2018.11.23 Friday
  • 17:54

日々の食事作りでストレスを感じている方たちに、少しでも気楽に料理をしてもらうにはどうしたらよいのか、考えています。

いろいろあるかと思いますが、今回は面倒な手順を省いてワンポット、ワンフライパンでできる。食材をシンプルにする。短時間で仕上がる。をメインにデザートを含めたメニュー設定にしました。

  

 

刈谷市総合文化センターで刈谷商工会議所主催のかりや商人大学料理講習会2018を実施しました。

今年で何年目になるのだろう、毎回たくさんのご応募をいただき、感謝です。

 

今年度も定員以上のご応募で、受講できなかった方が出てしまい申し訳ありませんでした。

聞くところによると受付開始当日の午前0時01分に会議所あてにFAXを送られて、受講を確実にされている方もいらっしゃるそうで、ご努力大変ありがたく、本当にうれしい限りです。

 

実はホームの講習ではなく、アウェーの講習は事前の準備などはなかなか大変なのですが、おかげさまで大好評でほっとしました。

 

☆鮭のちゃんちゃんバター焼き

☆塩サバとワカメのみぞれ酢かけ

☆ごぼうと握り団子の煮もの

☆小松菜ごま浸し

☆きな粉のムース

以上、「まごわやさしい」の完璧メニューでした。

 

まごわやさしい=豆、ごま、海藻、野菜、魚、キノコ、芋の事です。

 

 

 

 

 

パナソニック「ビストロ」体験教室受付中

  • 2018.04.23 Monday
  • 23:25

 

 

パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」の最新機種を使った料理教室です。

ビストロは「焼く、煮る、蒸す、揚げる」の日常使いの時短料理が得意!

新製品NE−BS1500は高火力のグリル性能がさらに進化し、予熱なしで、骨付き肉もジューシーに焼きあがります。

「そろそろオーブンを買い替えたいけど、買う前に試してみたい。」

「忙しくて時間が無いけど、手作りのおいしい料理が作りたい。」と思っている方おすすめです。

簡単なのに、おいしくて本格的なお料理を家庭料理を得意とするクックで体験してみませんか?

どなたでも参加できます。ただ今、単発体験レッスンの生徒様募集中です。

 

開催日時

6月30日(土)10:30〜13:00

7月25日(水)10:30〜13:00

7月27日(金)10:30〜13:00

8月5日(日) 10:30〜13:00

(全4回の内容は同じです。ご都合の良い日をお選びください。)

 

場所 キッチンスタジオ クック

(ホームページのアクセス欄をご覧ください。電話番号でナビ出ます。)

受講料 4000円 

募集 8名程度、先着順

(内容が決まり次第お知らせいたします。)

お申込み ホームページからメールでお申込みください。

 

4月の「竹の子三昧」

  • 2018.04.23 Monday
  • 20:55

春に食べたい掘れ掘れの竹の子!毎年、朝堀りの竹の子をゆでて持って来て下さる方がいて、すごくうれしい。毎年楽しみにしています。

当然この時期は教室でも竹の子料理です。でも、毎年どうしようかと悩んでいます。何故ならこの料理を家では作らないだろうなーという気がするからです。

生の竹の子を買ってきて、糠でゆでて、アクを抜いて、それから調理するなんて気の遠くなるような手間らしいので、、、。

スーパーでゆでた新竹の子を売っていますが、結構なお値段で、若い方はお肉の方を買いたくなるかもしれません。

 

でも、やめる訳にはいかないです。どうしても伝承していきたいので、今年も頑張る!と、大鍋で竹の子をゆでて準備をするのです。レッスンでも竹の子のゆで方、皮のむき方、保存の仕方、部位別の切り方などお教えします。今週は竹の子の部位を使い分けて、若竹煮、竹の子ハンバーグ、竹の子ご飯を作りました。ほかに新玉ねぎと桜エビのかき揚げ、さやえんどうの卵とじ汁を作りました。

先週の「ボンゴレ」もそうですが、1回の講習でこれだけ作ります。

 

竹の子入り和風ハンバーグ(根元のかたい部分のすりおろしと角切りの竹の子が入っています。たっぷりの彩り野菜を一緒に蒸し焼きにして、ソースも作りながらフライパン一つでできます)

 

若竹煮(竹の子とフキとわかめと鶏団子を煮ました。フキも若い生徒さんにはなじみが薄いようですので、あえて使います。山で竹の子が頭を出すと、海で新わかめが採れる、里では山椒の木が芽吹く、これを出会いものと言って珍重するのですよ、若竹煮は若い竹の子の煮物ではなく、わかめと竹の子の事ですよ、などとお話ししながら、伝えていってねと祈るような気持ちです。

竹の子ってメチャクチャ美味しいですね、という生徒さんの一言に救われた思いです)

 

竹の子ご飯(定番、油揚げと竹の子の炊き込みご飯です)

 

新玉ねぎと桜エビのかき揚げ(新玉ねぎのかき揚げもこの時期食べたいもののひとつです。玉ねぎだけでも十分美味しい。団子にならない揚げ方のコツをお教えしながら、お一人ずつサクッと揚げていただきました。)

 

さやえんどうの卵とじ汁(さやえんどうも旬の野菜です。スジをとって使います。カツオの削り節でお出しのとり方も習いますが、パック出しでも顆粒出しでもいいですよ、と言っています。とにかく作っていただきたいから)

 

今年も竹の子料理みんなで頑張りました!いつかお役に立つとうれしいです。

 

4月の「ボンゴレ・ロッソ」

  • 2018.04.23 Monday
  • 17:39

インスタグラムを始めてから、ブログがお休み状態になってしまっていました。久しぶりに書きます。

 

春になると季節ならではの食材が出回ってきて楽しい!作るのも楽しいし、食べるのも楽しい。それらを使って美味しいお料理をお教えするの、もちろん楽しい!

 

春になったら食べたいアサリと竹の子。4月のクックのメニューから1週目の「アサリ料理」と2週目の「竹の子料理」を一挙にご紹介します。

暖かくなったので、アサリの実入りも良くなってきました。でも近年このあたりの海ではアサリがとれなくなって、潮干狩りを中止する浜が続出でとても残念!

 

スパゲティ・ボンゴレ・ロッソ(今回はトマトソースから手作りしました。このソースは何にでも使える母なるソースですので一度にたくさん作って冷凍しておくといいのですが、ここから〜という声も聞こえて来そうなので、市販のソースを使った作り方のレシピもお渡ししました。とにかくご自分の手で作っていただきたいのです。)

 

ほうれんそうのキッシュパンケース入り(4枚切り食パンを器にして中にキッシュ地を入れ、オーブントースターで10分ほど焼けば出来上がり。生クリーム不使用なので手近な材料だけでできます。パンがカリッとしておいしい。日曜日のブランチにおススメ)

 

エビとアボカドと新じゃがのサラダ(アボカドは切ってがっかりすることがあります。慣れるとダメなものはわかるようになりますが、まだ青いうちに買って家の温かいところに置いて追熟させると、ちょうど食べ頃に食べることができます)

 

キュウリのピクルス(清潔なビンにキュウリを詰めて、熱々のピクルス液を口まで注ぐだけ。とても簡単で1か月以上保存できます。予想に反して好評、特に男性もOKでちょっとビックリ)

 

いちごのデコレーションカップケーキ(ふんわりカップケーキを焼いて、小ぶりのイチゴで飾ってみました。可愛いケーキになりました)

一度の講習でこれだけ作ります。

 

 

 

鳩の巣立ちタ督擦戻ってきました。

  • 2017.07.01 Saturday
  • 18:04

昨日、庭にキジ鳩が1羽いました。見覚えのある羽の模様、首のところのブルーのワンポイントマーク、まぎれもなく巣を作っていた鳩です。突然ヒナとともにいなくなってから1週間、戻ってくれてほっとしました。あの木の近くには行かないけれど、せわしなくちょこちょこ歩き回って、飛び去りました。

 

 

今日も同じ鳩がやってきました。

昨日と同じに歩き回って、やおら尾羽を広げ、羽もちょっと広げて地面にペタッとお腹をくっつけるようにしてじっとしていました。1〜2分間とてもリラックスしているような感じです。この鳩が以前もこういう格好でいるのを見ました。巣で一日中同じ姿勢でいるので、固まってしまった体を伸ばしているのかと思っていましたが、今もやっているのだから、どうやら違うようです。

とにかく親鳥は無事だったので、これに懲りずにいつかまた、我が家の庭で卵を産んでくれるのを待つことにします。

 

 

 

 

鳩の巣立ちて輿海い覆なりました。

  • 2017.06.26 Monday
  • 23:44

とても残念なお知らせです。

鳩が突然いなくなってしまいました。23日の金曜日の朝、夫がいつものように朝のごあいさつで巣をのぞきに行ったら、空になっていたのです。その前日の17時頃、私がのぞいたときは、親鳥が巣にいました。

ストレスを与えないように、写真もズームで撮るようにして気を遣っていたのです。

この写真はいなくなる前日にとったもので、羽をはばたかせるような仕草もしていました。

 

 

この間に何があったのかわかりませんが、引っ越しは考えられないし、巣立つには早すぎます。

カラスか、蛇にでも襲われたのでしょうか?

親鳥も四六時中巣にいるのではなく、結構いないことが多くなって、ヒナだけになるので狙われたのかもしれません。

 

一日中気になって、注意して巣の周辺を観察していても、親鳥が戻る様子もないです。

日に日に大きくなっていくヒナの成長を楽しみにしていたので、鳩さんロスに陥っています。

 

鳩の巣立ちU朮集絨貊鬼屬呂燭辰討い襦

  • 2017.06.19 Monday
  • 19:41

今朝孵化したと思っていたのは、どうやら間違いで、このヒナの大きさ形から、すでに孵化後数日は立っている様子です。

 

今後の展開はどうなっていくのかと、ネットで調べてみてわかったのです。孵化直後はもっときれいな黄色をしているようで、こんな黒っぽい汚い色ではないようです。ずうっと卵を抱いていると思っていましたが、実は小さなヒナを抱いていたのです。

 

孵化したら卵の殻が下に落ちているだろううし、親鳥は頻繁に飛び立って、餌をとってきてヒナに与えるだろうと思っていたので、じっとしているのは孵化前だと思っていました。

 

鳩は雄も雌も自分の体の中から、ピジョンミルクと言われるものを分泌して、口から与えるので、子供の頃に見ていたツバメの親のように頻繁に飛び回ってエサをとらなくてもいいのです。また、ほとんどヒナのなき声は聞こえない。卵の殻は親鳥がくわえてどこかに捨ててくるので巣の近くにはないのです。こういうことがわかって、巣立ちはおおよそ3週間後くらいになりそうで、とても楽しみです。

 

鳩の巣立ち⊆造孵化していた!

  • 2017.06.19 Monday
  • 15:39

ついに孵りました!

今日昼ごろ、いつものように夫がのぞいて、「鳩がいないぞっ」というので、見に行ったら巣は空でした。ついに私たちをうっとうしがって、警戒して逃げたんだと思いました。悪いことしたと反省。

でも、では中の卵はどうなっているんだろうと思って目を凝らすと、何やら動く気配があるので、脚立を持ってきて中をのぞくとヒナがいました。しかも1羽ではなく2羽いる感じです。

 

無事に孵ったんです。おめでとう!

 

 

これから親鳥が餌を運んでくるのでしょうが、親鳥が警戒しないように毎日はのぞかないようにしましょう。のぞきに行きたがる夫にダメ出しして、そっと見守ります。それにしても鳩のヒナはこんな色をしているんですね。巣立ちが楽しみです。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

キッチンライフ

世界の料理家が創るキッチンライフで紹介中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ノーベル賞ディナーを味わってきました。
    コンタクト (08/12)
  • ヘルシンキのレストラン[KOSMOS]の絵は尾張徳川家の犬張子にそっくり!
    IH (08/01)
  • 梅を干しました。(梅干しを干しました?)
    IH (08/01)
  • ノーベル賞ディナーを味わってきました。
    工藤 (07/31)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM