「若冲と蕪村」展in岡田美術館

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 20:40

今日TVで箱根駅伝を見て、昨秋箱根へ行った時に、学生が走っているあの道を通ったなと思いだしました。

 

箱根小涌園の岡田美術館に行ってきました。若冲と蕪村展(2016・9・5〜12・18)をやっていました。最近特に人気の画家です。東京での研修の帰りに、せっかくここまで来たのだからと、箱根に1泊して寄ってみようと思ったのです。

 

宿は富士屋ホテルにしました。確かに古めかしいクラシックホテルでした。明治時代に外国人専用のホテルとして建てられたので部屋が広く、天井が高く、バスタブが長い。               

   

富士屋ホテル  メインダイニングの天井の絵

富士屋ホテルの建物の一部とメインダイニングの天井の草花絵

 

翌朝、美術館に行き、絵の細部が観察できる無料貸出の拡大メガネを借りて、いざ観覧。

 

ご存知の通りとても確かな描写と細部の書き込み、色の鮮やかさと構図のユニークさ、生き生きとしていて圧倒される。展示数は多くはなく、全部で7点孔雀鳳凰図が今回の目玉でした。

 

意外と注目を浴びていたのは「月に叭々鳥(ははちょう)」というシンプルな図、ショップで手拭いが売り切れていました。この鳥はカラスではないらしい。

 

              

  

美術館入口と美術館のガラスに覆われた外壁の風神雷神図、この対面に足湯Cafeがある。今日はウィークデーだからかお湯が半分しか流れていなかったので、私が座ったところはお湯が無かった、、

 

 

     

 パンフレットと「月に叭々鳥」

 

 

お土産に1日限定10個というチョコレートを買って帰りました。5個入り1箱2500円でした。若冲の孔雀と鳳凰の絵入りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

キッチンライフ

世界の料理家が創るキッチンライフで紹介中!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM